日本語言語切換英語
Oralcare
Oralcare-効果的な歯磨きの方法
歯磨きの準備
有効なプラーク・コントロールを行うためには、自分に合った歯ブラシ、デンタルフロス、または歯間ブラシを用意することが必要です。特にデンタルフロスはまだ日本ではそれほど普及していませんが、フロッシングを併用することにより、歯ブラシだけでは除去しきれない歯間のプラークが除去でき、90%以上のプラークを除去することが可能ですので、虫歯や歯周病の予防には非常に有効と言えます。

歯ブラシは自分に合ったものを用意します。歯ブラシ先端の植毛部分(ヘッド)は、小さめのものが磨きやすいと言われています。サイズの目安としては、人差し指の第一関節ぐらいまでの大きさのものを選びます。動物などの毛を使ったものはタンパク質でできており、細菌が繁殖しやすく、また、柔らかすぎるためプラーク除去性能が十分ではありません。毛はナイロン製のものを選びましょう。

毛の硬さは、硬いほど垂直面に対するプラーク除去性能が高くなりますが、力を入れすぎると歯茎を傷つける場合もあります。ブラッシングはあまり力を入れすぎない磨き方が理想ですが、力がつい入りがちな人はふつう~やわらかめを、それほど力を入れない人はふつう~かためを選ぶと良いでしょう。また、歯茎が弱っている場合には、ふつう~やわらかめのものを選びましょう。

歯ブラシの毛には一般的にナイロンが使用されていることが多いのですが、ナイロンには吸水性があります。ですので、使用後は必ず十分乾燥させて雑菌の繁殖を防ぎましょう。また、「よく歯ブラシの毛先が開いたら交換」と言われますが、歯ブラシの毛先は力を入れすぎて磨いていると開いてきます。正しい力で磨いていれば毛先はそれほど開きません。しかし、歯ブラシの毛先は使うほどに摩耗し、劣化していきます。劣化した毛先はプラーク除去性能を十分に発揮することができませんので、1日3回のブラッシングを行う場合、約1カ月が交換の目安となります。

デンタルフロス、歯間ブラシは、使い分けが重要となります。歯の隙間が狭い場合、隙間がほとんどない箇所には、デンタルフロスが適しています。逆に歯の隙間が大きい場合や、歯の間隔が開いている箇所には、歯間ブラシが良いでしょう。歯間ブラシは様々なサイズが用意されていますが、初めての場合は小さいサイズから使ってみると使いやすいと言えます。歯間ブラシが無理なく隙間に入るのが、適正サイズです。

デンタルフロス、歯間ブラシは正しく使えば、非常に効果的に、プラークを除去することができ、虫歯や歯周病の予防に有効です。しかし、誤った使い方をすると、歯茎を傷める恐れもありますので、必ず正しい使用法をマスターして、正しく使うようにしましょう。また、デンタルフロスや歯間ブラシは使い捨てが基本となります。これは、歯という硬い物質の狭い隙間をナイロン糸が通るため、歯より柔らかいナイロン繊維が使用後は摩耗してしまうためです。

最後に、ここに挙げた歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシの選び方は、あくまで、日々のプラーク・コントロールのためのものです。プラーク・コントロールは、虫歯や歯周病の予防とはなりますが、進行してしまった虫歯や歯周病の「治療」とはなり得ません。すでに虫歯や歯周病にかかっている場合は、一刻も早く、歯科治療を受けることが必要となります。